絶景の離島で「薬剤師」をやると高待遇で働けるって知ってた?

絶景の離島で「薬剤師」をやると高待遇で働けるって知ってた?

田舎や離島など、へき地と呼ばれる場所では医師や看護師、
薬剤師の人材不足が昔から問題になっています。

へき地で働くメリットって何なのでしょうか?

今回は沖縄の小さな島へ移住した、あぐに薬局女性薬剤師
「島でのプライベート事情」や「お金の話」など、いろいろ聞いてきました!

  • 薬剤師とは?
    医薬品について、幅広い知識を持つ「薬」の専門家です。病院やドラッグストア、薬局など身近な場所以外にも、専門機関などでも活躍しています。
  • 離島に求められる薬剤師とは?
    離島含め、地方(へき地)はそもそもの人口が少なく、薬剤師も不足しています。さらに少子高齢化が進み、薬を必要としている人が増えているなかで、地域の人に密着した薬剤師が求められています。

登場人物

こんにちは、株式会社バーグハンバーグバーグの柿次郎と申します。

今年で34歳。運動不足、週5で外食。不規則な生活がたたって決して健康ではありません。そこでお世話になっているのが病院であり、そこでもらった処方箋に応じて薬を用意してくれるのが「薬局(=薬剤師)」の存在です。


みなさんは薬剤師の仕事ってどんなものを想像しますか?


僕のイメージは「白衣とメガネ」「時給が高くて羨ましい」「店舗の奥でゴソゴソとしてる」です。


日常的に接点のある職業ではあるものの、具体的な仕事内容やどういった経緯で薬剤師を志すのか全然知りません。にも関わらず、今回「離島薬剤師の現場を取材してきてほしい」と依頼が…!




まだ、薬剤師の「や」の字も分かっていないのに「離島薬剤師」という聞き慣れない言葉が…!


なんとなく漫画「Dr.コトー診療所」みたいに孤軍奮闘しながら、少しずつ島民に愛される姿を想像するのですが、実際はどうなのでしょうか。聞けば好きこのんで離島に移り住みたい人は少なく、その分「待遇がめっちゃ良い」なんて話も耳にしました。高収入、家賃無料、車も提供…そんなおいしい話が本当にあるの??



取材にあたって「薬剤師に縁のないおじさんだけでは心細い…」という理由で、現役の薬学部学生を募って参加してもらうことにしました。これから薬剤師を目指す学生の忌憚のない意見が大事!


募集後、真っ先に応募してきてくれたのが千葉大学薬学部1年生の寺田さんです。


寺田さん「寺田です。よろしくお願いします!」

柿次郎「寺田さんはTwitterの募集ツイートをみて応募してくれたんですよね」

寺田さん「はい。応募をみた瞬間、反射的に応募しました。普段あまり薬学部って注目される事が無いんですけど、ピンポイントで募集していたので、自分が呼ばれてる気がしたんです」

柿次郎「行動力ありますね。ちなみに離島で薬剤師として働くってどんなイメージあります?」

寺田さん「あまり想像つかないのですが、なんとなく設備がきちんと整ってなさそうとか、忙しそうとかそんなイメージですね。地元じゃなかったら島の人とのコミュニケーションに慣れるの大変そうな気がします。でもお金は稼げそう!」

柿次郎「確かに待遇は良さそう。ギラギラな服とアクセサリー身につけて高級車とか乗り回してたらどうしよう」






沖縄の離島「粟国島」に到着

というわけで、東京から飛行機とフェリーを乗継ぎ5時間超かけてやってきました。

ここは沖縄本島から西におよそ60kmのところにある粟国(あぐに)島です。




粟国島の全景


粟国島は美しい海に囲まれた人口700人の小さな島で、映画「ナヴィの恋」の舞台にもなったそう。





沖縄本島との位置関係はこんな感じ。




車で島を走っていると、道の端で飼育されているヤギをみかけました。排泄姿がかわいいですね。




粟国島の観光スポット「洞寺鍾乳洞公園」という地下鍾乳洞に行ってみました。

ここは、とある僧侶が「水面を歩けるかどうかの賭け」に負けてこの島に流され、死ぬまでこの鍾乳洞で読経をして過ごしたという伝説の場所だそうです。

なんなんだ、その賭けは。






離島で働く薬剤師に話を聞いてみた

ここからが本題!

昨年の2015年8月にオープンしたばかり…粟国島唯一の調剤薬局「あぐに薬局」。




ここで働いている薬剤師の岡野紘子(ひろこ)さんに気になる質問をぶつけようと思います!


柿次郎寺田さん「はじめまして、よろしくお願いします」

岡野さん「東京からわざわざありがとうございます。よろしくお願いします!」

寺田さん「私はいま薬学部の1年生で、離島で働くってどうなんだろうと知りたくて来ました。今回いろいろ質問させて頂きたいのですが項目はざっとこんな感じです」

  • 粟国島はどんなところですか?
  • 休日は何をして過ごしていますか?
  • 離島の薬剤師ってどれくらい稼げますか?




離島にAmazonって届くの?

寺田さん「早速質問なのですが……、離島ってAmazonは届くんですか?

岡野さん「いきなり、そこ!? えーっと、もちろん届きますよ。生活用品含めて、手に入らないものはあまりないですね。Amazonだと注文してから3~4日くらいで届く事が多いかな」

寺田さん「わー、そうなんですね。良かった…」

柿次郎「そこが一番気になってたんだ。都会にいると『商品を注文した翌日に自宅に届く』というのが当たり前になるもんなぁ」

岡野さん「楽天でもYahoo! ショッピングでも大体は注文できます。ただ、海の状態が悪くてフェリーが止まってしまうと、届くまでに1週間以上かかることはよくありますね」

寺田さん「最初から分かっていれば、ぜんぜん大丈夫そうです!」





粟国島ってどんなところ?

寺田さん「この島についてお聞きしたいのですが、岡野さんが思う粟国島のいいところってどんなところですか?」

岡野さん「人間の手が加わっていないような、自然のままの海は本当に綺麗ですね」

寺田さん「たしかに島に着いても、とても静かで、自然の音しかしませんでした。すごく癒されました」




取材に来たのに、海ではしゃぐ寺田さんと柿次郎




岡野さん「島に来たばかりの頃は、自宅から薬局まで歩いて『空が青いなぁ、海が綺麗だなぁ、夕日が美しいなぁ』と毎日感動してました」


粟国島の夕日 撮影:岡野さん

岡野さん「でもしばらくしたら『今日は暑いから車で行こう』ってなっちゃって(笑)」

寺田さん「同じ風景みてたらそうなっちゃいますよね」

岡野さん「先日、たまたま用事があって夜10時頃に外に出たんですね。ふと空を見上げたら星がとっても綺麗だったんです。こんなところで生活できて、本当に幸せだなぁ……と心から感動しました」




粟国島の夜空 撮影:四方 正良さん(粟国村観光協会)




柿次郎「でも交通の便はあまり良くないですよね。台風とかが近づいてたらフェリーの運航がない時もあるらしいじゃないですか」

岡野さん「…そうなんですよね。柿次郎さん達がくる3日前も1週間フェリーが運航してませんでした。でもそんな時に代替の交通手段が使える場合があります。『ヘリタクシー』です!」

柿次郎「ヘリのタクシー!?むちゃくちゃ贅沢じゃないですか。石油王が乗るんですか?」

岡野さん「石油王じゃなくても乗れます」






最大5名まで搭乗可能で、1フライトの料金は通常108,000円(税込)が、沖縄県の補助によりなんと80%オフの21,600円!


沖縄本島↔︎粟国島がフェリーで片道2時間かかるところ、ヘリだとたった30分で移動できるとか。


割り勘すれば安いし、グループで移動するならヘリがいいですね。





ヘリコプターから見た沖縄の海の景色が絶景!こんなにテンションが上がる移動手段は他にはない!



寺田さん「ところで岡野さんは粟国島にきて、どのくらい経ちますか?友達とかできましたか?」

岡野さん「薬局がオープンした直後に来たので、この島に来てからちょうど1年経ちました。友達は島人(しまんちゅ。島で生まれ育った人)以外にも、製糖工場(砂糖を作る工場)で働くために外から移住してきた方や、地域おこし協力隊という活動をしている人たちなど、島にいながら色んな方と友達になることができましたよ

寺田さん「この島に初めて来た時は、知っている人が誰もいなかったんですよね」

岡野さん「私は岡山県出身で沖縄での生活もそれほど長くはないので、よそ者が受け入れられるのかな?という不安は正直ありました」

寺田さん「実際は…?」

岡野さん「来てみたらそんなことは全然ありませんでした!どこでも気軽に話しかけてくれますし、家に帰ったら玄関に果物や野菜とかが置いてあったりもして。この前は岡山の両親から送られてきた桃を近所の人におすそ分けしたら、桃がメロンになって返ってきました」

柿次郎「島のおすそ分けコミュニケーションは超大事ですよね。とはいえ、コミュニティが狭い分、噂とかもすぐ広まりそう。仕事で離島の取材をすることがあるんですけど、若い子に話を聞くと、恋愛問題に悩んでいることが結構あるんですよね。みんな知り合いだから浮いた話があるとすぐ広まっちゃうので、好きな人がいても一歩踏み込めないとか」

岡野さん「たしかに噂は良いことも悪いこともすぐ広まりますね。話にいっぱい尾ひれがつくことも…(笑)。人と人との距離がとても近いので、プライベートをしっかり確保したい人は、ちょっと大変かもしれないです」

寺田さん「なるほど! ちなみに粟国島には娯楽施設みたいなのはありませんよね。休日は何をして過ごしてますか?」

岡野さん「私は海が大好きなんです。夏の休日はスキューバダイビングシュノーケリングをして過ごしていますね!」




シュノーケリングをしている岡野さん




岡野さん「最近までは『ギンガメアジのトルネード』というのが凄い時期で、毎週これを見るために潜ってました。ダイバーには有名なスポットで、これ目的に来島する観光客の方も沢山いました」

寺田さん「スキューバダイビング好きには最高の島なんですね」




ダイバーには有名な粟国島の「ギンガメアジ トルネード」 撮影:岡野さん






寺田さん「他にはどんな過ごし方がありますか?」

岡野さん「島の人が魚捕りに連れて行ってくれたりするので、モリとか網とか追い込み漁させてもらったりしてます」

柿次郎「自然と共に生きてますね。いいなぁ。沖縄の島の人ってずーっとお酒飲んでるイメージでしたけど」

岡野さん「お酒飲んでいる人も多いですね(笑)。この島では魚も捕れるし、野菜もくれるし、食材は基本的に何も買わなくて大丈夫。ただ、こっちは豚や牛などの生肉が売っていないんですよね。ヤギ肉を食べる文化はあるんですが、私は独特の臭いが苦手で……」

柿次郎「この島に来る前に沖縄本島でヤギ刺し食べました!味は……まぁ美味しかったら日本全国で食べられているよね、という感想でした」


沖縄本島の居酒屋で食べたヤギ刺し


岡野さん「こちらだとヤギの脳みそも食べるんですけど、あれはお酒に溶いて飲むと片頭痛に効くと聞きました。あと昔の人は猫肉を食べて喘息を治したというのも聞いたことあります。なんで猫なのかな?と思って調べたけど何にも出てきませんでした」

柿次郎「薬剤師としては一応調べますよね。でも根拠なさそう」

岡野さん「それで治ったよっていう人もいましたよ。アヒルも喘息に効くとか聞きました。流石に今は食べてないでしょうし、どこまでが本当か分かりませんが、おじいちゃんおばあちゃんの話はとても興味深いですね」

柿次郎「もし猫肉とかアヒル肉をすすめてくる薬剤師がいたらイヤだな…」






薬剤師は麻薬Gメンになれる!?

話題は島のことから薬剤師の就職先へ

柿次郎「ところで薬剤師になると、ドラッグストアとか薬局で働くことになるんですよね?」

岡野さん「いえ、 『薬剤師=薬局』みたいなイメージありますけど、他にもいろいろありますよ」

寺田さん 「以前大学で、薬学部を卒業した人の就職先リストみたいなのを見せてもらったんですが、その中に『マトリ』がありました」

柿次郎「マトリ??」

寺田さん麻薬取締官のことです。麻薬Gメンとも言いますね。その他の就職先でいうと、科学捜査官とかもありました。薬を扱う職業は全部なれると思います」

柿次郎「すごい!『科捜研の女』にもなれるんですね」

寺田さん「あとは化粧品の会社で開発とかも出来ますよね。化粧品って結局のところ化合物なので、肌に浸透させるにはどの薬品をどう組み合わせればいいのかを研究しますし」

柿次郎「ほぉー!薬剤師の就職先って意外と幅広いんだな…」




離島で働くとお金が貯まりまくる!?

ページトップへ戻る